■ 頭皮が目立ち始める前に

髪の毛の悩みは意外と放置されやすく、見た目が変わってしまってから
本格的に悩み始める方が多いのが治療を遅らせる大きな原因になっています。
早期発見、早期治療で薄毛、抜け毛の悩みは緩和出来るため、
その症状が気になりだしたら医師へ相談する時間を取りましょう。
成長因子が足りていない事がわかれば、すぐにでも治療をスタートしましょう。

丈夫な髪の毛を維持するために必要なことは、頭皮の状態がよいこと、
それと合わせて充分な成長因子があることです。
20歳前後を境に減少していくと判明している成長因子が不足すると、
薄毛や抜け毛が進行していきます。
原因がわかっていれば、それに対応出来る治療法が確立されているため、
医師と相談して進めるようにしたいですね。

日本の再生医療技術は髪の毛を取り戻す分野でも進んで来ています。
成長因子を注入することで頭皮の状態を活性化し、
丈夫な自毛を作れる状態にしていきます。
AGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療に対応している病院には、
再生医療に取り組んでいるところも増えて来ていますので、
状態に合わせて治療が進められるようになっています。

失くしたものは取り戻せないと諦める前に、症状が軽い段階で医師に相談すると
早めに進行を遅らせる、発毛を促す治療を始めることが出来ます。
まず、自分が医師のもとへ足を運ぶことが治療への第一歩ですので、
悩みを大きくしてしまう前に自宅近くに
薄毛、抜け毛治療に対応してくれる病院があるかどうかを検索してみましょう。